4月・スペシャルディナーコースのドルチェは『桜のティラミス』

やっとで、春らしくなってきましたね。

4月のスペシャルディナーコースのドルチェは
『桜のティラミス』です♬

マスカルポーネのふわっとした、
雪解けのようにやわらかな口溶けの中で、

さくらのほのかな香りが広がります♬

もちろん、下のビスキーも桜色♡

東京の桜は散ってしまったけど、
4月のコースは春爛漫です

このステファノ オリジナルの『桜のティラミス』
この季節限定です!

詳しいメニューはこちらから
http://stefano-jp.com/wp/menu/dinner/

皆様の笑顔にお目にかかれること楽しみにしています!!

それでは今日も、

Buon Appetito (ボナペティート)!!

カテゴリー: blog

ステファノが載っている本が発売されました!!

チャオ!
ステファノです。

昨年の12月にエイムックから発売された、
「ザ・パスタブック」

ステファノ「絶品郷土パスタ」
「ヴェネトの郷土パスタ」
を担当しています!!

ザ・パスタこの本が、食の教科書「パスタの基礎知識」として発売されました。

パスタの基礎知識ヴェネトの郷土パスタ

いろんな種類のパスタのレシピはもちろん、
チーズ、生ハム、オリーブオイル、道具の知識も満載です

本屋さんで見かけたら、手にとって見てみて下さい

アマゾンで「ザ・パスタブック」もしくは「パスタの基礎知識」
と検索するとでてきます。

ザ・パスタブック

パスタの基礎知識

それでは今日も、

Buon Appetito (ボナペティート)!!

絶品!ステファノの手打ちパスタ・ビゴリ(Bigoli)!!

チャオ!
ステファノです。

今日は、北イタリア、ヴェネト地方の伝統的な手打ちパスタ

ビゴリ(Bigoli)のご紹介です!

ビゴリ

この「ビゴリ」ヴェネト料理にはかかせないパスタです。
日本ではあまり見かけませんが、
リストランテ・ステファノでは
ランチにそしてディナーにと
作り立ての手打ちビゴリをいつでもお召し上がりになれます。

 

太さはスパゲッティーより太く、
やや細めのうどんくらいで、
独特のコシと弾力があるパスタです。

 

伝統的には、
鴨のローストラグー
アンチョビとタマネギのソースで頂きます。鴨のローストラグーソース写真は鴨のローストラグーソース

コシのあるパスタが
柔らかく煮込んだ鴨のラグーソースによく絡みます

 

リストランテ・ステファノのランチのメニューには

『全粒粉のビゴリ、アンチョビとタマネギのソース』
が登場していますが、こちらも大好評です!!

 

ビゴリは専用のトルキオという伝統的な手動マシンで作られます。

トルキオ

このトルキオは、

ヴェネトの人達の「ビゴリ」を食べたい!
という思いから、130年前に誕生しました。

それ以来、ほとんど姿を変えることなく、
今の現役の厨房器具として使われています。

 

ステファノでも毎日手打ちで作っています!!

手打ちパスタの美味しさをどうぞ!!

 

それでは今日も、

Buon Appetito (ボナペティート)!!

ヴァレンタインって何人?

ヴァレンタインというのは人の名前なのですが、

どこの国の人か知っていますか?

実はヴァレンタインは

イタリア人なんです!!

 

 

 

 

 

 

 

西暦3世紀のローマ。

ローマ皇帝は若者がなかなか戦争に出たがらないので、手を焼いていました。

そして結婚は兵士達の戦意に支障をきたすとして、結婚を禁止してしまったのです。

 

ところが、キリスト教司祭であるヴァレンティヌス(英語読み:ヴァレンタイン)

兵士達を可哀想に思い、密かに結婚させていました。

しかし、当時のローマでは迫害されていたキリスト教。

これを知った皇帝はヴァレンティヌスを処刑してしまうのですが、

この日が2月14日なのです。

殉教したヴァレンティヌスは後に勢力を増したキリスト教により

聖人として認定されました。

 

同じくローマでは、数百年、ルペルクスという豊穣の神の祭りが行われていました。

毎年2月14日に、未婚の女性達の名前が書かれた紙が集められ、

翌日未婚の男性がその紙を引き、書かれている名前の女性と付き合うという伝統的な祭りがありました。

しかし風紀が乱れるとしてこの祭りは禁じられ、

200年ほど前、祭りの時期に殉教した聖ヴァレンティヌスを奉る行事となったのです。

次第にこの日には男女がカードや花束を贈りあう行事になりました。

日本では女性が男性にチョコレートを送る日本独自の習慣ですが、

欧米では恋人や家族、友達などが、互いにカードや花束、お菓子などを贈ります。

 

 

 

 

 

 

 

ヴァレンタインの物語はいかがでしたか?

ステファノでは、このヴァレンタインの日に、

女性の皆様に特別にホームメイドチョコレートのプレゼントを

ご用意してお待ちしております!!

ヴァレンタイン・チョコレートをプレゼント!!

どんなヴァレンタインデーを過ごす予定ですか?

恋人やご夫婦でデート、友達同士でパーティーなど、

いろいろあると思います。

 

リストランテ・ステファノでは

14日のヴァレンタインデーのディナーにいらして頂いた女性の方に、

ホームメイドチョコレートのプレゼントをご用意してお待ちしています!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもチョコレートって男性がもらうのでは!?

と思った方、次回のブログで、

ヴァレンタインデーの物語について綴っていきます!

 

気になるチョコレートの内容は

♥フォンダンショコラ 

 ♥ホワイトチョコレートとココナッツトリュフ

 ♥アーモンド入りマカロン

 ♥チョコレートとピンクペッパーのビスケット

 

どこにも売っていない、ステファノの

オリジナルホームメイドチョコレートです。

 

14日の夜はぜひ、

ステファノに遊びにいらして下さいね!

カテゴリー: blog

ステファノが「PRESIDENT」で紹介されました!!

チャオ!
ステファノです。

2月18日号の「PRESIDENT」
リストランテ・ステファノが紹介されました!

人に教えたくない店」という特集ページです。

president

 

「行くぞ!オペラな街」の著者の朝岡聡さん談をご紹介します!
記事より抜粋・・・

「やっぱりオペラと一緒で、イタリア人のシェフが作ると何か違う。
イタリアのものは全部イタリア人でなければならない
というわけではないけれど、

やっぱり料理も芸術も
その土地で生まれ育った人の手によるものは格別です。

その地方でとれる具材を季節によってうまく組み合わせてくれるので、
いつ来ても新鮮ですし、

20席くらいのこじんまりしたリストランテだけに、
シェフの気配りが行き届いているのが実に気持ちがいい。」

〜続く

残りの記事はぜひ、「PRESIDENT」で読んでみて下さいね!!

o0800107112411291342President

 

それでは今日も、

Buon Appetito (ボナペティート)!!

日本ではまだ珍しいイタリア原産高級野菜・ラディッキオ

チャオ!
ステファノです。

ラディッキオ今日はワインレッドの色鮮やかなイタリア野菜、「ラディッキオ」のご紹介です。

イタリアでも日本同様、四季があり、旬をとても大切にしています。

その中でも私が好きな食材のひとつ「ラディッキオ・ロッソ・タルディーボ」

「ラディッキオ」は秋の終わりから春先にかけてが旬のイタリア原産野菜です。

色鮮やかで、ワインレッドと白のコントラストが美しく、特に

ヴェネチアを州都のおくトレヴィーゾ原産のものが有名です。

その美しさから「トレヴィーゾの花」と呼ばれています。

そのうち「ラディッキオ・ロッソ・タルディーボ」と呼ばれる種は、他のそれと比べ5~10倍の値段をつける高級品です

ラディッキオ秋霜が回降りてから収穫し、

株をプレアルプスの湧き水に2週間ほど浸けます。

この間、内側から新しい芯が生まれるのを待ち、
外側は取り除くという手間と時間がかかるからなのです。

この綺麗な湧き水があるこの地方にしかできない特別な野菜です。

日本でも綺麗な湧き水で収穫できるものに「わさび」がありますね。


リストランテ・ステファノ
では、この時期にしか味わえない「ラディッキオ・ロッソ・タルディーボ」を使った料理をお出ししています。

前菜に、パスタに、リゾットにどうぞ楽しみにいらして下さい。

それでは今日も、
Buon Appetito (ボナペティート)!!

カテゴリー: blog

発表します! ブログを始めました!!

チャオ!
ステファノです。

ブログをはじめました!!

ブログでは、イタリアの食はもちろんのこと、
人や文化について発信していきます!

人生を楽しむことが大好きで陽気なイタリア。

あなたの豊かな人生の一つにお役立て頂ければ幸いです!

それでは今日も、
Buon Appetito (ボナペティート)!!

カテゴリー: blog