About us・ステファノとは


こんにちは。「リストランテ・ステファノ」のオーナーシェフのファストロ・ ステファノと申します。

私は北イタリア・ヴェネト州にある『プロセッコワイン』で有名なヴァルドビアデという小さな町で生まれました。4人兄弟の長男です。
料理の世界に足を踏み入れたのは17歳の時。3年間、料理学校に通っていた頃から土日はレストランでアルバイトをしていました。15歳の時には既に料理人を志すことを決めていました。それは、料理上手な母が作る手料理を、家族が笑顔で囲う空間。それが大好きだった事。そして、家には、果樹園やぶどう畑があり、ワイン作りを小さい時から当たり前に手伝っていたこと。それがいつも楽しく、私の現在の姿に繋がっています。私は、手先が器用だと、周りの大人によく言われていました。それが更に、「職人への道」の後押しになりました。今でも日曜大工や物作りは大好きです。妻には重宝されています。

料理学校を卒業後、ホテル、レストランで経験を積み、その間、イタリアには徴兵制度があるので1年間軍隊生活を送りました。その、軍の中でも私は、上官クラスの料理を担当していました。

In Stefano’s words:
Japan has been part of my future for as long as I can remember. I long dreamed of traveling to this exotic country full of wonders and honorable people.
By the age of 24, I was ready to start my journey when one day a friend asked me where I thought I was going with my poor English. He said I was just an Italian country boy and needed to learn English properly before setting out into the world. Realizing that he was right, I decided to go to London instead. My plan was to spend a couple of years studying and working there, and then fly to Japan.
Many people have the idea that England is not primary culinary destination, but London was a city full of surprises. People from all over the world were interacting in a friendly and open way, and many great chefs visited to demonstrate what cooking was all about.
Between working every morning and every evening, I could only attend English school for a few hours in the afternoon. I remember rushing from place to place through the underground, sometimes nearly knocking people over in my haste. Altogether it was a fun and remarkable experience, but it delayed my arrival in Japan by about four years. And not least, I met my wife there.
In the summer of 1999, on my third visit to Japan, I had the pleasure of meeting Mr Carmine Cozzolino, who offered me the position of executive chef for the seven restaurants he was running at the time. I did this for a full four years before deciding to strike out on my own. It was a frightening but very exiting time.
As I had since my arrival in Japan lived in the Kagurazaka neighborhood, so it was just natural for me to look for a restaurant location there.  One day in November of 2003, my wife and I spotted a secluded location that apparently was of little interest to anyone else. But to us it looked perfect. I liked that it was full of light, was not too big or too small, and most of all we could afford it.
So we laid down construction plans, wrote up a menu and started looking for staff. On February 16th, 2004 we opened our doors to the public for the very first time. And despite earthquakes and an equally shaky economy, we’re still there.

 

My Story and my Whys! ・イタリア人の私が日本に来た本当の理由

1996年にイギリスのロンドンへ渡りました。その時から日本へ行く為の準備を始めていました。その為、昼はレストランで働き、休憩時間には語学学校に通い、夜はまた仕事に戻るという生活を続けました。大変でしたが充実した毎日でした。ロンドンでは金融街シティーにあるレストランで全セクションのシェフを勤め、その後、私が師とあおぐシェフの元、ハーリズバーという会員制の高級レストランで料理の腕を磨きました。この間、東京の有名ホテルにあるイタリアンレストランからオファーがありましたが、その時は、ロンドンで経験を積む選択をしました。
私は、幼い頃から、日本へ興味があり、柔道をしていた経験もあります。武士道や、侍魂は私の興味を強く引き付けました。日本に来る前、イギリスを選んだのは、英語を話せれば世界の国の人々とコミュニケーションがとれ、いろんなドアが開くと考えていたからです。

日本への来日は1999年です。日本で最初のイタリア人オーナーシェフとして有名な、カルミネ氏のレストランで、総料理長として4年間の経験を積みました。はじめは日本語をほとんど話せなかったので本当に大変でした。今では懐かしい話となりましたが、文化も違うスタッフとのコミュニケーションから始まり、どのように料理を作るか、その伝える難しさ。そこがスムーズになるまで、その間、私をサポートし、今でも良き相談者でいてくれるカルミネ氏には、本当に感謝しています。
その後、2004年2月に神楽坂に北イタリア料理(ヴェネト料理)専門店としてリストランテ・ステファノをオープンしました。
オープン以来、数多くのお客様に愛され、料理人であることに喜びを感じています。

In Stefano’s words:
Japan has been part of my future for as long as I can remember. I long dreamed of traveling to this exotic country full of wonders and honorable people.
By the age of 24, I was ready to start my journey when one day a friend asked me where I thought I was going with my poor English. He said I was just an Italian country boy and needed to learn English properly before setting out into the world. Realizing that he was right, I decided to go to London instead. My plan was to spend a couple of years studying and working there, and then fly to Japan.
Many people have the idea that England is not primary culinary destination, but London was a city full of surprises. People from all over the world were interacting in a friendly and open way, and many great chefs visited to demonstrate what cooking was all about.
Between working every morning and every evening, I could only attend English school for a few hours in the afternoon. I remember rushing from place to place through the underground, sometimes nearly knocking people over in my haste. Altogether it was a fun and remarkable experience, but it delayed my arrival in Japan by about four years. And not least, I met my wife there.
In the summer of 1999, on my third visit to Japan, I had the pleasure of meeting Mr Carmine Cozzolino, who offered me the position of executive chef for the seven restaurants he was running at the time. I did this for a full four years before deciding to strike out on my own. It was a frightening but very exiting time.
As I had since my arrival in Japan lived in the Kagurazaka neighborhood, so it was just natural for me to look for a restaurant location there.  One day in November of 2003, my wife and I spotted a secluded location that apparently was of little interest to anyone else. But to us it looked perfect. I liked that it was full of light, was not too big or too small, and most of all we could afford it.
So we laid down construction plans, wrote up a menu and started looking for staff. On February 16th, 2004 we opened our doors to the public for the very first time. And despite earthquakes and an equally shaky economy, we’re still there.

Mission・ミッション

2004年2月 情緒的な街、東京神楽坂に“リストランテ・ステファノ”をオープンしました。来日してから13年が過ぎ、レストランを構え、現在10年目を迎えました。その間に、日本では様々な出来事があり、その頃とは状況も随分変わりました。しかし、変わらないものがあります。それは、私の料理に対する思いです。食事は人々をリラックスさせ、心を豊かに満たし、かけがいのない時間(precious time)であると思っています。イタリアでは食事の時間をとても大切にしています。生きる活力となり、生活に彩りを与え、全ての源となっています。ファーストフードという便利な食文化もありますが、その食材に最も適した調理法で旬の料理をゆっくり味わう時間を大切にしてもらいたいと思っています。私は、その、『あなたの人生のひとときを豊かにすること』を使命としています。私は北イタリアのヴェネチアを州都とするヴェネト州で生まれ育ち、料理上手な母の手料理で大きくなりました。私は4人兄弟ですが、そんな子供たちを母はお腹だけではなく心も満たしてくれました。日々のあわただしさの中、つい何かを見失いそうになってしまう現代生活を、食事の面から後押し、お役にたてればと願っています。この私の故郷の本当の北イタリア料理を皆様に味わって頂きたいと思っております。様々なイタリアの旬な料理を楽しんで、イタリアの食文化を感じて頂けたらとおもいます。

We have been a stable presence in Kagurazaka since 2004, and have come to be known as THE Italian restaurant in the area for good food and ambience.
Since then many events have chanced the neighborhood and its people, but our commitment to giving our customers and friends an outstanding dining experience every time they visit remains rock solid.
The concept is simple: be flexible and always serve quality dishes made with passion in a warm Italian atmosphere, exactly as you would find in an Italian home. We are a local restaurant, operated by local people for the local people.
We lovingly serve northern Italian specialties despite the spreading wave of fast-food, low-quality, so-called Italian eateries out there.
We stand for the real thing, prepared in a healthy way, because we care about people and want to help our patrons take care of their health as well as their appetites.  This is who we are, and we are most grateful to all our customers who have supported us until now.
Grazie

・御予約はお電話またはウェブサイトからお願いいたします。
・メール、フェイスブックまたはその他のソーシャルメディアからの予約は受けつけておりません。
・すべて税込み価格です。
・ディナータイムのお水はミネラルウォーター(950円/ 750ccボトル)のみとさせていただきます。
・コペルト(席料)としてお1人様あたり¥700(アミューズと自家製パンとして)いただきます。
・パンのおかわりは¥300いただきます。
・ご注文いただきましたお料理1皿に対し、キッチンで取り分ける場合300円いただきます。
・他のお客様へ迷惑となる行為はご遠慮ください。
・当店はお子様と一緒に楽しくお食事ができますが、小さなレストランの為ベビーカーでの入店はお断りいたします。